アニメ「鬼滅の刃」を見た正直な感想(まったくはまらなかった・・・)

アニメ鬼滅の刃の正直な感想テレビ・アニメ

鬼滅きめつの刃」流行はやってるけど、ほんとに面白いの?

単行本が1~19巻までで6,000万部を突破。
さらに2020年5月13日に発売された20巻も売り切れ店舗続出といった大人気!

そこで、ワンピース大好きな僕がまずアニメを見て「鬼滅の刃」の正直な感想を打ち明けます。

スポンサーリンク

アニメ「鬼滅の刃」を見た正直な感想(まったくはまらなかった・・・)

(C)吾峠呼世晴/集英社・アニプレックス・ufotable

タイトルに書いた通り、僕はまったくはまらなかった。

つまらなくはないけれど、熱心に楽しみに観たいとは思わない

その理由と、なんで人気なのかを考えてみました。

アニメ鬼滅の刃にはまらなかった理由

うるさい

まず一番不快だったのは、”うるささ”です。

主人公の炭治郎はいいとして、その同期の二人(善逸ぜんいつ伊之助いのすけ)がまぁーうるさい。

マンガで読めば特に感じないのかもしれませんが、アニメだとほんとに永遠と続くのではないかといううるささ。

実際に、善逸が1人で騒いでいるシーンは30秒近くあり、うるさすぎて飛ばしたくなります。

名前がわかりづらい

そして、名前がわかりづらい

主人公は炭次郎たんじろうという名前なのは、マンガの説明を読んでちゃんとわかりました。

「たんじろう」なんだか「かんじろう」なんだか発音が似ていて聞き取りにくい。

さらには登場人物みんな、ありきたりの名前ではないため聞いてもよくわからないし、その名前を言ったのが、うるさい二人であったならなおさら、よくわからない。

ワンピースなら、ルフィとかゾロとかわかりやすくて聞き間違えありません。

鬼滅の刃が人気な理由を考えてみた

わかりやすい悪

鬼滅の刃の主人公・炭治郎は家族を皆殺しにしたにっくき敵・鬼がいます。

鬼は誰にでもわかるわかりやすい敵・悪であるため、視聴者・読者は特に考えることなく悪を見失いません。

ストーリーが明確

敵が鬼であることと、ともに主人公・炭治郎が鬼退治をする理由は、鬼にされてしまった妹・禰豆子ねづこを人間に戻すため

とてもわかりやすいです。

残酷さ

鬼が人を食べることも残酷だし、その描写もしっかりあります。

そして、その鬼を倒すには首を特別な刀で切らなければいけない。

アニメとはいえ、血が吹き飛ぶ残酷なシーンが毎回のようにたくさん

一見すると、これは好きではない理由に思えますが、怖いもの見たさというか、そういう側面もあって人気の理由と考えました。

もちろん残酷なシーンが嫌いな人もいるので、その人たちにとっては嫌いな理由の1番にあげられるでしょう。

スポンサーリンク

アニメ「鬼滅の刃」を見た正直な感想(まったくはまらなかった・・・)まとめ

アニメしか見ていない段階で「鬼滅の刃」はふつうだと判断をくだすのは早いかもしれません。

マンガをまだ読んでいないので、読んだら「鬼滅の刃」に対する感想も違ってくる可能性もあります。

けれど、はっきり言えることは、ワンピース好きの僕にはアニメ版はまったくはまりませんでした。

見るのならマンガで読んだ方がいいかも。

ちなみにアニメは、下記の動画配信サービスなどで観れます。

Netflix以外は無料お試し期間があるので、もし「鬼滅の刃」が気になった方は見てみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました